例外のおまとめローン

例外のおまとめローン

キャッシングやカードローンを利用するときは、総量規制というものを知っておく必要があります。消費者金融などの貸金業者は、申し込み者の年収の三分の一を超える金額を貸し付けてはいけないと決められています。

 

この三分の一とは一社からからだけではなく、複数の業者合せての総額です。年収300万円の人の場合、100万円を超える貸付けはできません。既に他者からの借入れが100万円になっていたら、新規で融資の申し込みがあっても断らなくてはならないのです。これが総量規制です。

 

どこの会社からいくら借入れがあるかという情報は、消費者金融間でシェアされていますので、借入れがあることを隠して申し込んでもすぐに分かってしまいます。

 

ただ、この総量規制には例外がいくつかあり、そのひとつが顧客に一方的に有利になる借り換えは例外的に年収の三分の一を超えても可能、というものです。この例外があるため、おまとめローンの審査では年収の三分の一を超えていても融資が可能になります。

 

借入れの1本化を行うことで利息が減りますので、顧客に有利になるとみなされるからです。おまとめローンに申し込む際は、借り替えや1本化を行うということを明確に伝えることで、総量規制の例外を考慮して審査してもらえます。

 

おまとめローンは銀行で借りるのがメインとなりますので、低金利で借りられる銀行おまとめローンを見ておくと良いでしょう。